進学館
フリーダイアル
0120-722-41511:00-19:00(日曜除く)

よくあるご質問

規定・各種変更・特別休講

授業に関して

  1. 授業は各講座で指定された座席で受講してください。
  2. 授業開始5分前には着席し、静かに学習してください。
  3. 授業中の私語は厳禁です。講師の指導に集中するようにしてください。
  4. 授業の開始・終了のあいさつはしっかりと行ってください。
  5. テキスト・ノート・筆記用具などを忘れた場合は、授業開始前に担当講師に伝えてください。
  6. 宿題などの連絡は必ずメモを取る習慣をつけてください。
  7. 授業終了後、必ず机の中を確認して忘れ物のないようにしてください。

遅刻・欠席に関して

  1. 遅刻・早退・欠席する場合は授業開始までに、電話もしくはFAXで保護者の方より各校事務局へ学年・氏名・理由をご連絡ください。
  2. 無断で遅刻・欠席することは厳禁です。
  3. 欠席時のテキストなど授業配布物は、授業終了後にお渡しします。特別な事情がございましたら事前にご連絡ください。
  4. 振替授業は行いませんのであらかじめご了承ください。

通塾時、または校舎近隣での注意

  1. ガムなどのお菓子を食べながらの通塾は禁止しています。また、行き帰りの買い食い、書店などへの立ち寄りも厳禁です。
  2. サンダル履きでの通塾は厳禁です。(くつ下・くつ着用)
  3. 車での送迎はお控えください。また、イベントの際は特に危険ですので堅くお断りいたします。
    校舎付近での駐停車は、近隣への迷惑となることもあり、当校生徒の危険にもつながります。
  4. 自転車通学に関しましては、各校規定に従ってください。
  5. 一度校舎に入った後の外出は厳禁です。軽食などは登校前に用意してください。

重要注意事項

  1. お子さまへの伝言、呼び出しは授業の妨げとなります。緊急時以外は一切お断りしますので、あらかじめご了承ください。
    また、講師へのお問い合わせ・ご相談などは授業時間(16:00~21:30)以外でのお電話をお願いいたします。
    大切なお子さまが授業に専念できるようご理解とご協力をお願いいたします。
  2. 教材、その他の持ち物には必ず名前を書いてください。
  3. 忘れ物は、2週間各校事務局で保管しております。2週間たっても取りに来られない場合は、こちらで処分させていただきますので、ご了承ください。
  4. 雑誌・ゲームなど学習に必要のない物品を教室に持ち込まないでください。
  5. 生徒同士での物の貸し借りはしないでください。
  6. 机、その他の備品の落書き、破損は厳禁です。(器具の破損などは、理由によっては保護者の方に弁償していただくこともあります。)
  7. 学習環境にふさわしくない身なりや行動は慎んでください。
  8. 授業中は、携帯電話の着信音・バイブレータをオフにしてください。
  9. 財布や時計などの貴重品は、いつも身につけておいてください。盗難・紛失の責任は一切負いません。
  10. 校舎内で大声を出したり、走ったりしないでください。

各種変更に関しては、以下に沿って手続きを行ってください。変更はすべて1ヶ月単位です。各種届出書の提出期限は、変更開始の前月20日です。月の途中での変更は受付できませんのでご了承ください。
なお、変更届が提出されない場合は、希望の授業が受けられなかったり、銀行より学費の口座振替などが継続されたりしますのでご注意ください。
各種変更につきましては、必ず担当講師とご相談ください。 各種書類には印鑑が必要です。

講座変更

  1. 受講講座の追加など変更を行う時は、「講座変更・復学・転校届」をご提出ください。

転校

  1. 校舎を変更する場合は転校先の校舎に「講座変更・復学・転校届」をご提出ください。
  2. 転校先で取得される全ての講座も併せてご記入ください。

休学

  1. 病気その他のやむを得ない理由により1ヶ月単位で欠席する場合は「休学・退学届」をご提出ください。
    休学は原則として連続2ヶ月間までとします。月毎に「休学・退学届」の提出が必要です。
  2. 休学される場合は、1ケ月2,000円の「休学費」が必要です。ただし、アップ教育企画の複数の部門にお通いの場合で、他部門を受講する場合は「休学費」は発生しません。
  3. 復学月が決まっている場合は、復学届も同時にご提出ください。

復学

  1. 休学中の在籍者が再び授業を受ける場合は、「講座変更・復学・転校届」をご提出ください。
  2. 復学後の全ての取得講座も併せてご記入ください。

退学

  1. 進学館を辞められる場合は、「休学・退学届」をご提出ください。
  2. 各月の授業を1度でも受講されますと、その前月での退学は認められません。

その他

  1. 「住所」「電話番号」などに変更があった場合は、各校事務局へ所定の用紙をご提出ください。

台風その他災害時のきまり

  1. 授業開始2時間前現在、通学教室の所在する地域に「暴風警報」が発令されている場合は、 授業は休講になります。
  2. 授業途中より警報が発令された場合は、教室で適宜判断いたします。
  3. 「大雨警報」発令の際も、平常通り授業を行います。
  4. 「特別警報」が発令された場合は、自治体の呼びかけにしたがって速やかに身を守る行動をとってください。

交通機関ストライキ時のきまり

  1. 交通機関のストライキには関係なく、平常通り授業を行います。

納入金について

入学金

  1. 入学金は、入学時のみ必要です。(再入学の場合も必要となります。)
  2. ご本人様がアップ教育企画に在籍の場合は、各校事務局までお知らせください。

月割学費

  1. 年間の授業回数は受講曜日による不平等のないよう調整しております。そのため、祝祭日でも平常授業を行う場合があります。詳しくは年間スケジュール表でご確認ください。
  2. 学費は各月の授業回数に関係なく8月の夏期講習を除いた11ヶ月分で均等割して設定しています(一部回数割の講座がございます)。
  3. 月割学費は、指定金融機関は毎月1日、その他の金融機関は14日に口座振替いたします。口座振替日が土・日・祝祭日の場合は、翌営業日の口座振替となります。

指導関連費

  1. 補助プリント・校内模試代・施設費で構成されています。
  2. 一旦納入された費用は、原則として返金いたしません。

教材費費用

  1. 指導上、所定の教材以外を使用する場合は別途購入していただきます。
  2. 金額は講座により異なりますので、詳しくはお問い合わせください。

各講習における費用

  1. 講習にかかる費用は、学費と講習で使用する教材費で構成されています。
  2. 詳しくは、各講習前に別途講習要項を配布いたしますのでご確認ください。

校外模試受験料

進学館では校外模試をお申込みいただくことがあります。

  1. お申込みは進学館各校事務局に申込用紙をご提出ください。
    (提出期限厳守・申込後のキャンセル不可)
  2. 受験料は学費と合算で口座振替となります。(校外模試案内にてご確認ください。)
  3. 受験に際して受験票が必要な場合は、試験前日までにお渡しいたします。前日までに届かない場合は、各校事務局までご連絡ください。

学費納入に関しての注意事項

  1. 学費は原則として銀行口座振替により納入していただくことになっております。入学時に口座振替新規依頼書を提出していただきます。
  2. 残高不足などにより口座振替ができなかった場合は、指定金融機関に限り毎月15日に再振替いたします。再振替が実施できない場合は、翌月の振替日に合算して口座振替を実施いたします。
  3. 月割学費が2ヶ月以上滞納になりますと、退学処分となりますのでご注意ください。その後また学籍を得るためには、再び入学試験で合格し、入学金など諸費用が必要になります。
  4. 個別教材申込書などでテキストを個別にお申込みの方、進学館を通して校外模試をお申込みの方は、学費と合算で口座振替となります。
  5. アップ教育企画では、口座振替に伴う毎月の学費明細の郵送は原則として行っておりません。「WEB請求明細閲覧サービス」をご利用ください。

学習について

一般的には3・4年生から準備を始めるお子さまが多いようです。
しかし、灘・甲陽・東大寺・神戸女学院・洛南などレベルの高い超難関校を目指すなら準備は早いほうがいいでしょう。

中学受験のための勉強は小学校で習う内容と違って、思考力や応用力を試す問題が多いので、志望校の入試に直結した対策が必要です。
進学館では1~3年生までは能力開発、4年生からは3年間一貫の受験対策で志望校に合格できる力をつけます。

大丈夫です。
新入学生や講習生に対しては、先生たちが十分な配慮をいたします。たとえば、フォローしやすいように座席を前にしたり、いろいろな先生が声をかけて励まします。

最初のうちは、家庭学習に時間がかかるかもしれませんが、授業にも少しずつ慣れてきて楽しくなるでしょう。
4年生以上の学年では、校舎によっては習熟度別にクラスが分かれていますので、同じような実力を持った人たちの中で、楽しく競い合いながら勉強できます。

学校で学んだ内容と進学館の学習レベル内容が試験の範囲です。学校の勉強とその応用問題にしっかり取り組んでいれば、十分に対応できます。
もし、不安でしたら先生が相談にのります。

進学館では学校の授業をとても大切に考えていますので、全面的に応援します。
また、進学館に通いながらピアノやスイミング、野球などの習い事に取り組んでいるお子さまもたくさんいます。
他の習い事をすることで、気分転換ができたり、集中力や自分で計画を立てる力がついてくることもあります。

進学館に問い合わせる
ピックアップコンテンツ
進学館の冬期講習のご案内
1日完結 神戸女学院対策講座
関西の中学受験専門「進学館」の合格実績
関西の中学受験専門「進学館」の合格体験記
洛北・西京附中専門の進学塾「進学館プライベートスクール 烏丸御池校」
インターネット ライブ授業「E-Lecture(イー・レクチャー)」
関連サイト

進学館のSNSアカウント

進学館 LINE@LINE@
進学館 TwitterTwitter
進学館 facebookfacebook
TOP