進学館|難関国私立中学受験指導

進学館
フリーダイアル
0120-722-41511:00-19:00(日曜除く)

2019年度入試 合格体験記(男子校編)

ぼくは全然真剣に勉強していなくて他のNクラスの子よりも圧倒的に勉強量が足りていませんでした。しかし、先生がたの激励のおかげで最後には真剣に勉強することができました。

算数オリンピックの時や水曜日の特訓で特別に教えていただいた算数の先生、自習室をはやくから開けてくださった学年主任の先生、そのほかいろいろな先生、ありがとうございました。

保護者の方からのメッセージ 3年でアルゴクラブに入会し、4年からStageEでお世話になりました。終始マイペースで、6年でNクラスに入ってからもなかなかエンジンがかからず、やきもきさせられましたが、先生方は、親よりも本人を信じて、根気強く見守り併走して下さいました。冬期後半にやっと本人にも自覚が生まれ、入試当日、先生に言われ続けた「丁寧に解くこと」が出来たことが合格につながったと思います。

親子二代でアップで中学受験を終え、感慨深いです。

30年経ってもアットホームで面倒見の良い雰囲気は変わっておらず、楽しい時間をすごせたことを感謝しています。先生方、事務の方々、ありがとうございました。

僕は夏期講習の後の合不合模試や過去問の練習でなかなか良い成績が出せずこまっていました。でも、先生方がはげましてくれたので、自信を持つことができ、冬期講習では思ったような点数を取れるようになりました。

入試では不安もありましたが、先生の言葉を思い出し、自分を信じてがんばり、その結果合格することができました。進学館で勉強を教えてくださり、ぼくをはげましてくださった先生方、本当にありがとうございました。

保護者の方からのメッセージ 今から3ヵ月前、宿題は山積み、なかなか成績も上がらず心が折れそうになっていた息子を、Kクラスの先生方は「自信を持って!」と何度も励まし、支えて下さいました。息子も信頼している先生方の言葉を信じ、ひたすら勉強する毎日でした。

受験の3日間は、出陣式で頂いた先生方の寄せ書きを何度も読み、強い気持ちを持って臨むことができたと思います。最後まで愛情を持って接して下さった先生方、スタッフの方々、同じ志を持ったお友達、息子が大好きだった進学館には心より感謝申し上げます。本当に有難うございました。

「うっかり撲滅」これはお父さんとのあいことばでした。このあいことばはうっかりミスをなくすために決めました。

最初はミスが多かったのですが、意識して減らしていき入試本番でも意識することができました。

最後に西宮北口校の先生方、芦屋川校の先生方、本当にありがとうございました。

保護者の方からのメッセージ アットホームな芦屋川校で楽しくマイペースに通っておりましたが、6年生の春期講習を終えてからは一気に受験モードへ加速していったように思います。通信『STEP』右上の入試日までの残り日数を見ては焦る気持ちになりましたが、その都度すべき事を教えて頂けました。

志望校を決定するまでの過程でも先生は親身にアドバイスして下さり、勝負の試験当日には息子達に魂の声掛けを頂きました。第1志望合格とはこんなに幸せな気持ちを得られるのかと実感しています。

僕は第一志望である大阪星光学院に合格することができました。僕は六年間楽しんで進学館に通うことができました。

それは、先生達の授業が楽しかったり、質問をすると、丁寧に教えてくれたりしたからです。僕が合格できたのは進学館の先生達が言っていた「やらなければならないこと」をしっかりしたからだと思います。中学校にいってもやらなければならないことをしてがんばりたいと思います。

保護者の方からのメッセージ 第1志望合格へと導いていただいた先生方・スタッフの方々、6年間有難うございました。低学年は、シャウトやわくわく文庫、パズル道場が大好きで友だちや先生と遊ぶ感覚で楽しく通わせていただきました。

高学年も、楽しい授業のおかげで、肩に力を入れすぎることもなく、受験勉強に取り組むことができました。様々な視点からアドバイスを下さった進学館の先生方を信じ、心から良かったと思います。本当に有難うございました。

ぼくは、国・理・社に比べると、算数が不安定だったので、「算数をしっかり悔いの残らないように頑張る」という目標を立てました。その目標を達成するために東大寺の過去問や予想問題の一覧を作成して、「解く→質問→やり直し」を、繰り返し、わからない問題を「0ゼロ」に近付ける努力をしました。

その結果、受験当日は、解けるようになった問題があり、落ち着いて取り組む事ができ、合格につながったと思います。最後になりましたが、色々な問題を教えてくれた先生方、サポートをしてくれた お父さんお母さん本当にありがとうございました。

保護者の方からのメッセージ マイペースな子供で、いつスイッチが入るのかもわからず不安でいっぱいでしたが、子供の方は、不安定な算数を繰り返し解くことで自信がついていたようです。質問対応では何人もの先生方に時間を割いていただき、何度もお付き合いしていただき感謝しております。

他の教科でも弱点の個別問題を準備していただき、子供もこの問題さえ最後に解いておけば大丈夫と安心できたようです。お世話になった先生、事務の方、クラスのみなさん、優しく励ましていただき支えていただき、本当にありがとうございました。

2019年度入試 合格体験記(女子校編)

私は三年生の時に進学館に通いはじめました。プレ・ステージEからのスタートでしたが授業に全くついていけず小テストも先生に心配されるほどの点数でした。

ですが、高学年になってからは頑張りました。授業も宿題も全力で取り組み、小テストは毎回百点を目指すとどんどん成績が上がってとてもうれしかったです。そして、ずっと思い続けた神戸女学院に合格できました。いつも私を支えてくれた両親と先生、本当にありがとうございました。

保護者の方からのメッセージ 3年生からお世話になり、「塾が楽しい」といつも言っていました。シャウト、アルゴ、わくわく文庫などの講座に夢中になり、それが勉強の楽しさを知る第一歩となったと思います。ステージEでは、難しくて苦心する様子もありましたが、先生に教えてもらいほめてもらってどんどん意欲的に取り組むようになってゆきました。

6年生になってもそれは変わらず、模試で悔し涙を流しても、先生にはげまされ、奮起させてもらい、いつも前を向いて勉強していました。その姿を見て、娘にとても良い経験をさせていると実感できましたし、進学館に通わせて本当に良かったと思いました。本当にありがとうございました。

入試では、算数のすべての問題をとくことができました。見直しをしても計算ミスは見つからず、問題のとき方がまちがっているのではないかと不安に思いました。

でも合格発表では「合格している」という自信がありました。それは、算数で見たことのある問題がでたからでした。たくさんの問題をとき直しをすることに加え、何事も自信を持つことが大切だと思いました。

保護者の方からのメッセージ 入塾した時から、「小学校生活も、今しかできないことも、全てやりたいようにさせる」という我が家のルールをよくわかって下さり、沢山のフォローをして下さった担任の先生には、本当にお世話になり感謝しております。

最終面談で第一志望校のみを受験したいと伝えた時、「今までの成績から見て、柊ちゃんなら絶対に大丈夫です。」と言って頂き、親も安心して残りの日々を過ごすことができました。頑張った冬期講習が終わり、入試直前に少しやる気の無くなっていた時、普段の学校生活や勉強に対する姿勢を褒めていただき、がぜんやる気になって帰ってきました。

進学塾でありながら、子どもの勉強以外の部分までわかって下さり対応していただけた進学館だったからこそ、娘が楽しんでこの3年間を過ごし、第一志望校に合格できたのだと思います。ありがとうございました。

今回の中学受験は先生方のサポートや家族の支えによって最後までがんばれたと思っています。

受験ではつらい事もたくさんあり、「このまま続けられるかな」と不安になる時も何度かありました。

でも最後まであきらめずに努力し、先生方にはげましてもらい乗り越えられました。本当にありがとうございます。

保護者の方からのメッセージ 3年間お世話になり、ありがとうございます。最初からとても楽しく通わせて頂きました。6年生からはあまり成績もふるわず、苦しい時もありましたが、苦手だった算数が苦手意識がなくなったり、ずい分と成長できたと思います。最後まで塾に行くのを嫌がらずに皆で頑張って合格する!!という姿勢で受験にのぞめたのは良かったです。

この経験を生かして中高生活を楽しんでほしいと思います。

合格したという実感があまりわいていません。でも、がんばって良かったと思いました。

ずっと算数が苦手で最後に算数を追い込みでしていた時、「いやだなぁ」と思っていたけれど、今はやっていて良かったと思っています。

家族に支えてもらって合格したので中学校生活を楽しもうと思います。

保護者の方からのメッセージ 小学校3年生から通塾し、先生方には色々と相談にのって頂いたりとお世話になりました。塾では苦手な算数のフォローも丁寧にして頂く事で点数も上がり、本人の意欲も上がっていった様に思います。

最後の1年は本当に早く感じました。志望校に合格する為本人も本当に頑張ったと思います。親子共々ほっとしております。これからの中学校生活を有意義なものにして行ってもらいたいと思います。

2019年度入試 合格体験記(共学編)

ぼくが進学館へ入ったのは5年生の2月でした。クラスに入った当初は周りのスピードにおどろきました。

しかし、特訓プリントのおかげで少しずつ追いつけるようになり、6年生の春にはっきりと受験を意識しました。クラスメイトや先生にも恵まれ進学館に通うのがとても楽しくなりました。神戸大学附属中等教育学校の合格発表を見てとてもうれしかったです。ぼくにかかわってくださった先生方ありがとうございました。

保護者の方からのメッセージ 2歳からアナップ、年長さんからカップス、3~4年生はレゴスクールと生粋のアップっ子です。5年生で塾に通うと言いだした時も、最後に志望校を決めた時も、本人の意志を100%尊重しました。スタートの遅かった息子を進学館の先生方が強力に引っぱり続け、よくぞここまで伸ばして下さいました。

花が開いたのは、幼少の頃より土台作りをして下さったアップ全ての先生方のおかげです。感謝しかありません。ありがとうございました。

ぼくは、入試直前まで合格ラインギリギリの成績でした。入試一日目は、緊張してあまり集中できませんでした。帰り道に鳴尾校に寄ると先生に、「大丈夫!二日目が本番や!」と言われ「がんばろう!」と思いました。

すると二日目は集中できました。そして、合格発表の日に、自分の受験番号を見つけた時は、すごくうれしかったです。ぼくを関学まで導いてくれた先生方、本当にありがとうございます。

保護者の方からのメッセージ ここまで何度も何度もぶつかって叫んで泣いて怒って励ましてハラハラして…。本当にこれで良かったのか悩み苦しみ話し合い真剣に向き合った毎日でした。心から尊敬できる講師の先生、同じ志の仲間に支えられ、努力とまっすぐな思いで掴み取った未来。自分自身で夢を叶えるというすばらしい経験をさせて頂き関わって頂いた全ての方に心から感謝致します。

そして入試3日間本当に全身全霊全力真剣勝負、本当にかっこよかったよ、佑紀!おめでとう!最後までとけない進学館の謎が1つ“どんなに苦しくても進学館を辞めるとは1度も言わなかった事”先生方はどんな魔法をかけて下さったのでしょうか?

合不合判定テストでは、いい成績が一度も取れなかった私が合格できたのは、最後まで支えてくださった進学館の先生方のおかげだと思います。国語の先生には点数が伸び悩んでいた記述の答案を何度も採点していただきました。

また、算数の先生から出された課題をとことんやりつくし、入試本番では一点でも多く取ろうとねばることができました。合格発表で自分の番号を見つけたときはあきらめずに頑張り続けて本当によかったと思いました。一緒に頑張った友達と信頼できる先生方がいたから合格できたと思います。ありがとうございました。

保護者の方からのメッセージ 「中学受験楽しかった。」すべての試験が終わったとき、娘がそう言ってくれました。なかなか思うような成績が出せずに涙したことも何度かありました。

両親ともに仕事をしており、小さな弟、妹たちもいて、家ではなかなか勉強のフォローをしてやれない中、「私たちにまかせて甘えてください。」と言ってくださった先生。支え続けてくださった先生方、一緒にはげましあった友だち、がむしゃらに頑張った娘の努力、すべてがあったからこそ最高の結果となりました。進学館に心から感謝しています。

僕は幼い頃から進学館に通っていました。それは兄が14年前から進学館に通っていたからです。0歳の時から先生方にお世話になり支えて頂きました。そのおかげでしんどい時も頑張ることができました。

重度の食物アレルギーで、みんなと食事がとれないことや進学館の校舎を転校せざるを得なかったりしたことなどしんどいこともありましたが、先生や友達に色々と気遣ってもらい支えて頂きました。そのおかげで無事「合格」の2文字をつかみとることが出来ました!

保護者の方からのメッセージ 兄の時より進学館にはお世話になり、とうとう卒業する事をとても寂しく思います。勉強の楽しさ大切さを先生方に教えて頂きとても感謝しています。

そして、これから成長していく中で人として忘れてはいけない事、感謝の気持ちを進学館に通う中で自然に学んでくれた事、何よりも感謝しています。『支』えて頂いたたくさんの先生方、お友達、本当にありがとうございました。

4年生から進学館に通い始めましたが、本格的に入試を意識し始めたのは6年生になってからでした。そして迎えた入試当日、達成感と同時に押し寄せてきた絶望感、周りが気になって集中できず後悔して帰りの電車の中で号泣し晩ご飯を食べた店でも号泣しました。

しかし、心の片隅には「3年間頑張ったその努力の成果は発揮されているはず」という思いもありました。その思いは現実のものとなり、結果は合格でした。このような幸せな経験ができたのも先生方、友達、家族のおかげです。ありがとうございました。

保護者の方からのメッセージ 「子供の力すべてが進学館で引き出される」これが3年前、長男の中学受験から得た確信でしたのでこれを固く信じて今回も見守ってまいりました。西宮北口校から「西大和第一志望」となりますとNishiyamatoの“N”のクラスはありません。そのあたりの不安な思いもすべて先生に受けとめていただいた上で信頼してお任せしました。

息子の目標を真剣に聞いて引き上げてくださった先生方、塾生活を支えてくださったスタッフの皆さまに感謝を申し上げます。「子供の力以上のものが進学館で引き出されました」

ぼくが中学入試の勉強を始めたのは受験の半年前でした。受験勉強もつめつめで勉強するのではなく、トイコンテスト、習い事の発表会、プログラミング大会、などに参加しながら勉強していました。

そのぼくが合格できたのはあと少し頑張れば点を取ることにつながる問題を解き直す勉強をしたからだと思います。ぼくは、ほぼ毎回先生にその勉強法を勧められていたので、この勉強をしました。本番当日は、先生に「君ならいける」といわれて勇気を出すことが出来ました。ありがとうございました。中学校でも頑張りたいと思います。

保護者の方からのメッセージ 「高校受験のための勉強を、半年早く始めたと思えば良いか…」という気持ちで始めた塾通いでしたので、合格を頂けて本当に驚いております。これもひとえに、教えて下さった先生方のお陰であると心より感謝申し上げます。どこをどのように勉強すれば良いか楽しく熱心にご指導頂いたこと、今まで続けてきた習いごとなどを辞めずに頑張りたいという本人の気持ちを分かって頂けていたこと、この二つを特に有難く思っております。

大変お世話になりました。有難うございました。

2019年度 合格実績

TOP